わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

おっぱいエール/本山 聖子【レビュー】

★★★★

小説宝石新人賞を受賞された本山聖子さんのデビュー作品。

読んでいて何度も涙が溢れた。
人生は一筋縄では行かない事くらい解っている。

いきなりの癌宣告、どこかで自分は大丈夫と高を括っていてもそれは突然現れやがる。

作中に登場する3人の女性達からの、何故自分が?の思いが痛いくらい伝わる。
一番不安なのは本人なのに自分ファーストの夫や姑、心無い言葉を投げつける医師や友人、彼女たちの心中を想うと悔しさで泣ける。

若年性乳がんを経験した著者が描く事で物語はリアルだ。

同じ経験をした同士に出逢えた事が救い。

心からエールを送りたい。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)