わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

さいはての家/彩瀬 まる【レビュー】

★★★

「はねつき」「ゆすらうめ」「ひかり」「ままごと」「かざあな」
5話収録の連作短編集。

小さな庭が付いた築40年の古い平屋が舞台。

共通するテーマは『逃』

家族を捨てて駆け落ちした不倫カップル、新興宗教の元教祖だった老婦人、親の決めた結婚から逃げてきた女とその妹など、事情は様々だが、皆、何かしらから逃げ、吸い寄せられるようにこの家に辿り着く。

彩瀬まるさんの不穏で湿り気のある文体の中に、静かな狂気を感じヒンヤリとする。

『かざあな』の主人公が見た蛇は自らの心が生み出した邪悪な象徴か。

『さいはての家』は再生の家でもある。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)