わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

いちばん悲しい/まさき としか【レビュー】

★★★★

最近読んだ「完璧な母親」に続きまさきさんの著書は2冊目になります。
今回も母親の愛情が物語の軸になっています。

自分が「いちばん悲しい」と思う女性達が入り乱れ、殺人事件の真相に辿り着いて行くミステリーになっています。

登場人物達がとにかく濃い、妄想ちゃんと呼ばれる愛人、佐藤真由奈、夫を殺されていても悲しむ事無く、男に走る土沼杏子、キャンプでの不幸な事故の裏に隠れている女性達の怖さ、刑事の梶原と薫子、誰一人として共感出来ぬまま読了しましたが、人間の持つ「毒」の恐ろしさに辟易しながら一気読みでした。

個人的には刑事梶原の暴言ぶりが酷過ぎて終始不快な気持ちになりました。

今回も切なく何とも言えない読後感となりましたが、引き込まれるイヤミスで次の作品も楽しみです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)