わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ぎっちょんちょん/群 ようこ【レビュー】

★★★

群ようこさんの長編小説です。

どこにでもいそうな女性エリコが旦那(ケンジ)と別れ、高校生の娘を抱えて前向きに頑張って行くお話です。

と、ここまでは良くありがちな内容ですが、勤めていた結婚式場を退職し、芸者の道を志すと言うのが斬新でした。

旦那との葛藤が終われば今度は娘、そして芸者の道を選んだ時は母親との確執

問題は次々と起こりますが、悩みつつ進んで行くエリコが頼もしかったです。

三味線の下りは難しかったですが、気持ちがほっこりとする作品でした。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)