わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

怪を編む: ショートショート・アンソロジー/アミの会(仮)【レビュー】

★★★

『捨てる』『毒殺協奏曲』『隠す』『迷: まよう・惑: まどう』に続くアミの会(仮)第5弾。
今回は13人のゲストを招いて全25作、文庫書き下ろしとなっています。

テーマは「怪」
ホラー、ミステリ、サスペンスと多種多様な物語がショートショートで展開されています。

印象に残ったのは芦沢 央さんの「母校」新津きよみさんの「グリーフケア」
彩瀬まるさんの「甘い種」福田和代さんの「記憶」
光原百合さんの「夕暮れ色のビー玉」近藤史恵さんの「私のスペア」

25編もあり初読みの作者さんもいて新鮮ではありますが、初期の様な女性作家による10編程度の方がよりインパクトがあって充実した1冊の本となっている様な気がしました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)