わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ファースト クラッシュ/山田 詠美【レビュー】

★★★

初恋の事をファーストクラッシュとは言い得て妙。

初恋は実らないと言うから、それを思えば粉々をイメージするクラッシュとぴったりマッチする。

インパクトのある装丁、一筋縄では行かないだろうと覚悟と期待を持ちながら読みだすと良い意味での軽やかさを感じる。

裕福な高見澤家で暮らす事になった少年・力(リキ)とその少年に心を奪われる三姉妹のエピソードが三部構成で綴られているが二部の麗子の章では何度も笑いをかみ殺した。

初恋は幼いゆえに真剣で時に滑稽で純粋さを持っている。

力に翻弄される女性達を描いたちょっとひねくれた恋愛小説。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)