わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

望郷/湊 かなえ【レビュー】

★★★★

架空の島「白綱島」を舞台にした連作短編集です。

「みかんの花」「海の星」「夢の国」

「雲の糸」「石の十字架」「光の航路」

の6つの短編が収録されています。

湊さんの著書は全て読ませて頂いていますが今までの作品とは全くタイプが違い、登場人物も実際に存在しているのかと思わせる様な巧みな描写でかなり感情移入して読めました。

どの短編もそれぞれ趣があって楽しめます。
今までは長編のイメージしかありませんでしたが、短編も面白く読めました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)