わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

サファイア/湊 かなえ【レビュー】

★★★★

ダイヤモンド、真珠、ルビー、サファイアなど、7つの宝石に込められた女性たちの心の深淵を描いた短編集

どの短編も読みやすく、あっと言う間に読み終えました。

フィクションならではの現実に有り得ない設定の「ルビー」では楽しめ、そして短編ならではの最後の結末も歯切れ良い。

最後の連作「サファイア」「ガーネット」ではいじめ問題、悪質商法、事故との絡みも、違和感なく読めます。

この最後の2作ではかなり感情移入して読む事が出来ました。

人物描写、心理描写がわかりやすく終始脳内映像で登場人物が動いていました。

湊さんの作品はやはり面白いです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)