わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

クローゼット/千早 茜【レビュー】

★★★

千早茜さんの長編小説
本を広げると前~後ろ表紙へと続く装丁がとても美しいです。

少年時代から綺麗な洋服が大好きで水色のワンピースを身に付けて同級生男子達に変な目で見られていた芳(かおる)

小学生時代に亀のタトゥーを入れた男に襲われ傷を持ったまま大人になった服の補修士 纏子(まきこ)

私設美術館に勤務する晶(あきら)

この3人が軸となり物語が展開して行きます。

18世紀から現代の服までの丁寧な描写が秀逸
洋服が大好きな人には堪らないと思います。

中盤まで物語は淡々と進んで行きますが、中盤以降、「クローゼット」が鍵となり少しづつ明らかになって行く秘密と共に、洋服の補修と心の補修が重なり温かい読後感となりました。

繊細で静謐で優しい物語。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)