わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

手のひらの砂漠/唯川 恵【レビュー】

★★★★★

大好きな作家、唯川恵さんの長編小説です。

DV(ドメスティクバイオレンス)がテーマなだけに、この本を面白いと言うと語弊がありますが、とにかく展開が気になり最初から最後まで一気に読めました。

主人公の可穂子にかなり感情移入してしまい、絶えず脳内映像で動き、途中から真剣に応援している自分がいました。

他の登場人物、可穂子の夫の不気味さ、エコファームで生活を共にする女性達、みんな個性豊かで、丁寧な人物描写と心理描写で描かれています。

かなりリアルな物語で、実際にも起こりえそうでもあり、恐ろしく、しかし、読後感はスッキリとして満足でした。

やはり唯川さんの作品は面白いです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)