わたしは栞を挟まない|よつばの読書ブログ

そして誰もゆとらなくなった/朝井 リョウ【レビュー】

★★★★

確かに。
ゆとってる場合じゃない。
「誰も」とか言ってる場合でもない。

「一番ゆとっちゃダメなのはリョウくんアンタだよ」ってさくらさんなら間違いなく言ってる。

国内を飛び出し南米&北米。
マチュピチュ&カリフォルニア。
素敵な響きだ。

どれだけ素晴らしい光景が脳内映像で再生されるのだろう、高まる期待。

でもリョウくんだもの。
脳内に浮かぶのはあの物体(お食事中の方すみません)

こんなにドキドキハラハラするエッセイもない。

本作でも言葉の魔術師ぶりは健在。
その体験が私を笑顔にしてくれる。

合間に挟まれる画像と装丁の表情さえもツボ。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)