わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

まだ温かい鍋を抱いておやすみ/彩瀬 まる【レビュー】

★★★★

「ひと匙のはばたき」「かなしい食べもの」「ミックスミックスピザ」
「ポタージュスープの海を越えて」「シュークリームタワーで待ち合わせ」「大きな鍋の歌」
6話収録の短編集。

柔らかな色味の装丁と優しいタイトル、彩瀬さんらしい抽象的で繊細な文章は食べものがテーマになっていても、そこにはひりひりとした感情や哀しみ、苦しみが混在している。

他人から見れば些細な事に思えても、当人にとっては泣きたいくらい、死にたいくらい辛い時がある。

それでも人は食べる事で生きていく。

巷に溢れる料理小説とは一味も二味も異なる喪失と再生の物語。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)