わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

まち/小野寺 史宜【レビュー】

★★★★

いつも人との縁や絆の大切さを柔らかいタッチで描いてくれる小野寺さん。

本作も心に染みた。

小学3年生の時に火災で両親を亡くし祖父と暮らす瞬一がこの物語の主人公。

このおじいちゃんが素晴らしい。

歩荷で生計を立て身体のみならず、精神面も凛とした一本筋が通っていてかっこいいのだ。

そんな祖父の後押しで高校卒業後に東京へ上京し、一人暮らしをしながら引越し屋のアルバイトに精を出す瞬一。

決して派手な展開があるわけじゃないが、等身大の人達の生活がそこにある。

家族間の無償の愛、人と繋がる事で生まれる温かい感情を本作でも堪能した。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)