わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ただいま神様当番/青山 美智子【レビュー】

★★★★

「水原咲良」「松坂千帆」「新島直樹」「リチャード・ブランソン」「福永武志」
5話収録の連作短編集。

とても穏やかな読み心地。

七時二十三分、この発車時刻に合わせてバス停『坂下』に集まる年齢も性別もバラバラな五人。

それぞれに悩みを抱えた登場人物の元に現れたのは「わし、神様」と名乗る、えんじ色の長袖ジャージを着たお爺さん。

突拍子もないコミカルでファンタジックな展開に関わらず、惹きつけられるのは、リアルで人間味溢れる悩みに共感出来るから。

人生は自分の気持ち次第で如何様にも変える事が出来る。
大切な気付きが詰まった作品。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 四つ葉さん、ご無沙汰です(*^^*)
    これ、タイトルで、もう買いたい感じ。
    そして、レビュー読んで更に読みたくなったんだけど、文庫になるまで待とうかなぁ←新書はかさばるし、高いもんね(^^;
    ここのところ、小川 糸さんの作品にはまって、まとめて買いこんで、昼休みにちびちび読んでます。
    それにしても、猛暑が厳しいね。
    感染対策のマスクと熱中症とのバランスに日々苦労してますが、お互い何とか乗り切りましょうね(^.^)/~~~

    • マカプウさん、こんにちは♪
      コメントありがとう~。
      こちらこそご無沙汰しています。
      でも一日に一度はマカプウ家にお邪魔していますよ(*^^*)

      本作は中々良かったです。
      もし図書館が近くにあれば図書館本と言う手もあります^^

      糸さんを読んでいるのね。
      私はまだ「ライオンのおやつ」「針と糸」くらいしか読んでないのよ^^;
      またオススメがあったら教えてね。

      相変わらずコロナと暑さで大変な日々ですけど、体調に気を付けてやり過ごしてね。
      本家のブログもそろそろ更新しないとな^^;

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)