わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

刑事の慟哭/下村 敦史【レビュー】

★★★

主人公は新宿署の田丸茂一刑事。
以前『歌舞伎町ラブホテル殺人事件』で手柄を立てた事で、理不尽にも本庁から嫌がらせを受ける様になる。

そして新たに起きた『百人町女性会社員殺人事件』『歌舞伎町ホスト殺人事件』
この2つの事件から共通点に気付き『新宿ブラック企業爆破事件』の犯人を捜し出す田丸。

しかし同じ組織で働く仲間でありながら敵味方の様な立ち位置で動かねばならない田丸の葛藤が切ない。

法廷での検事と弁護士の駆け引きのシーンは圧巻。

裁判員制度とSNS、両方の在り方を問題提議しながらの展開にラストまで目が離せなかった。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)