わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

私にふさわしいホテル/柚木 麻子【レビュー】

★★★

新人女性作家、中島加代子(後に相田大樹→有森樹李とペンネームが変化)の成り上がりストーリー

角田光代、川上弘美、朝井リョウ、(敬称略)他にもたくさんの実在する人物の名前が登場します。
始めに石田衣良さんの解説を読んでから読み始めたので、各文学賞や描かれている作家のモデルを想像しながら読み進めて行きました。

簡単に言えば加代子の野望と復讐の物語ですが、コメディータッチで描かれた喜劇の趣で軽く楽しむ感じの作品でした。

文中にamazonや読書メーターレビューに一喜一憂する小説家の様も書かれていたので普段素直に書いているレビューが若干書きづらくなった件。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)