わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

海とジイ/藤岡 陽子【レビュー】

★★★★

「海神ーわだつみ」「夕凪ーゆうなぎ」「波光ーはこう」美しい海辺を舞台に繰り広げられる3人のジイの物語が収録されています。

「海神」では末期ガンを抱える清ジイと、いじめが原因で不登校となったひ孫が交わした最後の約束が明かされるラスト3ページに泣かされる。

「夕凪」はクリニックを閉院すると宣言した70代後半の医師、月島と一人で暮らす48歳の看護師、志木の人生を生き抜く怖さと死への恐怖が苦しい程伝わって来て胸が締め付けられる。

3話の「波光」は1話の「海神」と深くリンクしており人間の縁に心打たれる。

静謐で温かな物語。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)