わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

雲を紡ぐ/伊吹 有喜【レビュー】

★★★★

ホームスパン=『糸の太い手織りの毛織物』を巡る親子三代の心の糸の物語。

主人公はいじめが原因で学校に行けなくなった高校生・美緒。
家出して行き着いた先は父方の祖父のホームスパン工房。

いつも周りの視線を気にし過ぎるあまり感情を上手く言葉に出して伝える事が出来ない美緒、逆に感情をストレートに出してしまう母親、口下手で不器用な父親。

誰が正しくて誰が悪いなんて事はなく皆、心の中では相手を思う気持ちが存在しているのに噛み合わないもどかしさ。

祖父から生み出される言葉と受け継がれて行く糸に家族の再生と未来への希望を感じた。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)