わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

三世代探偵団 枯れた花のワルツ/赤川 次郎【レビュー】

★★

10代の頃に良く読んでいた赤川次郎さん。
71歳になられたなんて驚きです。

三姉妹探偵団は知っていたけれど、こちらは三世代探偵団。

72歳の天才画家の祖母とマイペース主婦の母、その娘の女子高生・有里、三世代の女性が主人公のユーモアミステリー。

76歳の大女優・沢柳布子が主演の映画を撮る事になり、その撮影現場で様々な事件が起きる展開。

殺人事件も起きるけれど、なんて事はなく、犯人もすぐ想像でき、動機もそこに至るまでの経緯もあっけない。

ダメダメ尽くしの登場人物ばかりで、内容は軽く緊張感は全くないのでさらっとした読後感。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)