わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

人間狩り/犬塚 理人【レビュー】

★★★★★

久々の大ヒット!
ページを捲る手が止まらない。
そして読後冷めやらぬ昂揚感。

残酷な内容を含むので、本作を面白いと言うと語弊があるが321ページ、ずっと面白かった。

良く練られた構成、作者の手中に嵌りまんまと騙されてしまったが、それすらも心地良い爽快感。

ただのミステリーには終わらず、少年法、復讐の是非、本当の正義についても考えさせられる。

第38回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞してのデビュー作だが、ぐいぐいと惹き寄せられる展開に読書の醍醐味を感じた。

作者は現在不動産業に従事されているとの事だが次作が今から楽しみだ。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)