わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

逆ソクラテス/伊坂 幸太郎【レビュー】

★★★★★

「逆ソクラテス」「スロウではない」「非オプティマス」「アンスポーツマンライク」 「逆ワシントン」
5話収録の短編集。

小学生の頃の道徳の時間を回想させてくれるような、大人になるに連れ忘れがちになる、当たり前で大切な事を優しい筆致で伝えてくれる。

人に対する先入観、勝手な思い込み、いつも自分自身の目で見て、耳で聞いて判断しようと心掛けていても、時にしくじる事がある。

大人でもそうなのだから本作に登場する少年少女達の1日1日を自分達なりに必死に考えて行動する力に胸が熱くなる。

作者の優しさと包容力を感じ幸せな読後感。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)