わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

燃える波/村山 由佳【レビュー】

★★★★★

「嘘 Love Lies 」「風は西から」に続き、本作もとても良かったです。

主人公はインテリアスタイリストとして仕事をしながら、ラジオのパーソナリティーもつとめ、多忙な日々を送る帆奈美。

大学同級生の夫と猫のおむすび、一見静かな暮らしをしているかに見えるけれど、それは帆奈美の「我慢」の上で成り立っている生活です。

そんな中、仕事を通じ中学の時の同級生、幼馴染みのカメラマン・澤田炯(さわだ けい)と再会し恋に落ちる帆奈美。

巷にありがちな内容に関わらず、強く惹きつけられるのは細やかな心理描写ゆえ。
夫婦の言い争いの場面での噛み合わない会話は特にリアルです。

若い女との間に子供をもうけ、いけしゃあしゃあと浮気ではなく本気だと言いつのり、あげく妻の帆奈美の人格を否定する発言や行動をする夫には怒りを通り越して呆れさえ感じました。

夫も夫ならその母親も母親。
けれど、こんな母子は実際にも存在していそうでリアリティがハンパない。

終盤に向けて、夫の猟奇的な行動に胸が締め付けられ苦しい時間でした。
このワンマンな夫に対比して炯の海の様な懐の大きさに脱帽、我慢をし続けて来た帆奈美に感情移入し、幸せを掴んで欲しいと願いながらのめり込んで読めた作品。
やっぱり村山さんの作品、大好きです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)