わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

救済 SAVE/長岡 弘樹【レビュー】

★★★

「三色の貌」「最後の晩餐」「ガラスの向こう側」「空目虫」「焦げた食パン」「夏の終わりの時間割」
救済をテーマにした6つの短編が収録されています。

ミステリー集と銘打っていますが、人間ドラマが色濃く描かれていて、脳内映像でそれぞれの人物が終始動めいていました。

特に印象に残ったのは知的障害のある少年を描いた「夏の終わりの時間割」と介護福祉士の高橋修平を描いた「空目虫」

まさかの結末に切なさで胸が一杯になる。

どの短編も大きなインパクトがあるわけではないけれど、淡々とした文中からは優しさや温かみが溢れていて読後感も良い。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)