わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

奈落/古市 憲寿【レビュー】

★★★

途轍もなく残酷で救いがない物語。

主人公は人気絶頂の女性シンガー・藤本香織。
17年前の夏、ステージから転落し全身不随の身体になる。

それ以上に残酷なのは意識だけは明晰に残っていると言う事。

善人の仮面を被って寄り添う母、性的虐待を繰り返す父、香織の金だけが目的の悪魔の様な姉、見たくも知りたくもない家族の本性を、否が応でも傍で感じなければならない香織の心中を想像するだけで胸が苦しくなる。

眼球でのコンタクトが取れれば、少しでも声が出せたらと願いながら読み続けるも容赦ない展開にやり切れなさが募る。

最低最悪な家族小説。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)