わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

白野真澄はしょうがない/奥田 亜希子【レビュー】

★★★★

「名前をつけてやる」「両性花の咲くところ」「ラストシューズ」
「砂に、足跡」「白野真澄はしょうがない」
5話収録の短編集。

『白野真澄』という同じ名前を持つ5人の人生の一部を丁寧に切り取った物語はバラエティに富んでいてどれも良い。

妹に、夫に、恋人に感情を揺さぶられる人達、仕事や生き辛さに苦悩する人達、悩みは人それぞれだけれど、その不器用さが自分と重なる所もあって、共感したり応援したりしながら読み進めた。

潔い結末あり、痛快な結末あり、感動の結末ありとラストも色々。

多様性を尊重する包容力と優しさを感じ温かな読後感。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)