わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ボーイミーツガールの極端なもの/山崎 ナオコーラ【レビュー】

★★★

「処女のおばあさん」「野球選手の妻になりたい」

「誰にでもかんむりがある」「恋人は松田聖子」

「「さようなら」を言ったことがない」「山と薔薇の日々」

「付き添いがいないとテレビに出られないアイドル」

「ガールミーツガール」「絶対的な恋なんてない」の9話とエピローグで構成された連作短編集

それぞれの短編にサボテンが1つづつ写真と共に紹介されている面白い趣向でした。

登場する人々が皆、個性豊かではあるけれど凄く特別な感じではなくとても自然体なせいか、感情移入しやすくさらさらと読み進められました。

発育の遅いサボテンに人間の成長が例えられている心温まる作品で読後感良かったです。

松田聖子さんの章では、私も「制服」が一番好き!と共感しながら楽しく読めました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)