わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

消えない月/畑野 智美【レビュー】

★★★★

畑野智美さんの本作はストーカーがテーマ
怖すぎでした。

被害者の女性、さくらと、ストーカーである加害者、松原、それぞれの観点から物語は進行して行きます。

女性である私の立場から考えて、一度別れた松原と、周りに迷惑を掛けない為に自分さえ我慢すれば良いと思い再び交際を決意するさくらに違和感
「いやいや、それをする事で周りにも迷惑が降りかかるでしょ」と突っ込まずにはいられませんでした。

昔と違いストーカー規制も厳しくなっている昨今でありながら、さくらの毅然としない態度や優柔不断な行動には終始歯がゆい気持ちになりましたが、実際同じ立場になった時、あの松原と言うとんでもない男にどう対処出来るのか、そこはやはり自信が持てないかも知れない。

人とのコミニュケーションが上手く取れず、家庭環境も決して良いとは言えず、しかしながら常軌を逸する思い込みと妄想、自己中な松原と言う人物は本当にどんなホラーよりも怖かったです。

読んでいる途中ずっと息苦しく、読み終わった後もどんよりとする後味の悪い読後感となりましたが、インパクトは大で、語弊はあるけれど面白いと思える作品でした。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)