わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

5人のジュンコ/真梨 幸子【レビュー】

★★★★

真梨 幸子さんの長編小説です。

連続結婚詐欺&不審死事件の容疑者・佐竹純子その同級生で親友だった女 篠田淳子、事件を追うジャーナリストのアシスタント田辺絢子

彼女たちは同じ名前だったがゆえ、悪意の渦に巻き込まれて行きます。

佐竹純子 篠田淳子 田辺絢子 守川諄子 福留順子

今回の物語には5人のジュンコが登場します。
真梨さんの作品らしくどの登場人物も一癖も二癖もあり読んでいて陰鬱な気分になるけれどやはり止められない面白さがあります。

「エピソード1」から「エピソード5」まで5人のジュンコに纏わるストーリー展開でそしてラスト「エピソード0」でのどんでん返し

女の嫉妬、虚栄心、ドス黒い気持ちが盛りだくさんで心地よい作品ではないけれどラストまで読まずにはいられなくなるそんな物語です。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)