わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

まつらひ/村山 由佳【レビュー】

★★★★

「夜明け前」「ANNIVERSARY」「柔らかな迷路」
「水底の華」「約束の神」「分かつまで」
6話収録の短編集

モチーフとなっているのはタイトルにもなっている祭。

各所の祭と日常、そこに性愛を絡め、妖しく幻想的でありながら現実を生き抜く男女の熱い想いを感じた作品。

印象深いのは、悪意を隠し、うわべだけの善意とエロティシズムをミックスさせた「夜明け前」

村山作品にしては珍しいタイムスリップ物「ANNIVERSARY」は新鮮な面白味と恐怖を感じた。

陰鬱な空気感の中で描かれる「水底の華」も惹きつけられる。

贅沢で味わい深い作品集。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)