わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ドライブインまほろば/遠田 潤子【レビュー】

★★★★★

いつまでも余韻が残る。

気持ちが揺さぶられ続けた。

実母が起こした事故で幼い娘を失った比奈子。
親子だからこそ持って行き場のない苦しみに胸が痛くなる。

親に捨てられ人生の歯車がどんどん狂って行く銀河だって被害者だ。

義父を殺めた憂、そこに至るまでの心中を想像すると辛い。

スニーカーを洗って貰えただけで泣く憂が不憫で愛おしい。
ただ愛されたかっただけなのに「生きてていいんですか?」と問う憂の言葉が悲し過ぎる。

憎む為に生まれて来た人なんていない。

寄り添ってくれる人がいれば人は再生出来るはず。

比奈子、銀河、憂の未来に光はある。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)