わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

恋の絵本 (1) すきなひと/桜庭 一樹【レビュー】

★★★

「恋の絵本」シリーズ第一弾。

『私の男』で直木賞を受賞した桜庭 一樹さんの文章に嶽 まいこさんのイラストがミックスされている。

タイトルから想像していた内容とは異なり哲学的で読む人によって捉え方も分かれそう。

ある夜「もうひとりのわたし」と出会う私。
一瞬はまあいいやと思うものの、気になって自分を探しに行く。

ファンタジーのようでありながら自分をすきでいようという自己承認を訴えられているようでもある。

表紙のシックな色合いも素敵だけれど、 中盤からはページをめくる事にハッとする色鮮やかでダイナミックな絵に圧倒された。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)