わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

愛の色いろ/奥田 亜希子【レビュー】

★★

奥田亜希子さんの繊細な心理描写が好きで手に取ったけれど今回はハマる事が出来なかった。

伍郎が始めたシェアハウスで生活を共にする良成・黎子・千瀬。
このシェアハウスで暮らす条件は複数愛者である事。

LGBTの知識はあったが、ポリアモリー(性別、年齢関係なく複数の人と「きちんと」関係を築く性愛スタイル)と言う愛の形がある事を本書で初めて知る。

中々踏み込んだテーマであるが、特に大きな盛り上がりもなく、終始淡々と進んで行くので退屈さを感じてしまう。

世の中に色々な愛の形がある事に驚きつつも感情移入出来ず物足りない読後感。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)