わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

一度だけ/益田 ミリ【レビュー】

★★★

益田 ミリさん、9年ぶり2作目の長編小説
帯には>一年に一度でいい。熱く、熱い、夜が欲しい。
とうたい文句があり、恋愛小説をイメージしていましたが全く違いました。

30代姉妹、ひな子と弥生、彼女らの母親・淑江とその妹・清子
二組の姉妹の物語です。

伯母の清子に誘われブラジル旅行に出かけたひなこ
ブラジル、リオのカーニバルで踊るダンサー達に触発され
自ら輝きたいと思います。

そしてそこで出会った夫婦から息子の話を聞き、玉の輿婚を狙うと言う
コメディー要素もある展開

日本に残された弥生は水泳教室の体験入学で知り合った女性から美味しい話を持ちかけられて転職を考えます。

平々凡々な日常に棚ボタを求める姉妹の期待、落胆が非常に解りやすく描かれています。

ただ帯で期待し過ぎていた事もあり、面白く読めたものの残念感が残りました。
過剰な推薦文や帯に乗っかってはいけないなと自省。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)