わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

マリコ、炎上/林 真理子【レビュー】

★★★★

林さんのエッセイです。

「叩かないでね」 
「木からぽとんと」 
「年相応のダメージ」の3章から各16のエッセイ
最後に小林麻耶さんとの対談が収録されています。

昨今、SNSの普及で、かなり慎重に言葉を選んで発言しないとすぐツイッターで非難されたり炎上してしまうので著名人の方は本当に大変だなと感じていますが、それでも「これだけは言いたい」と言う林さんの覚悟みたいな物が感じられました。

日常の軽~い話から、実在した事件の話まで盛りだくさんの内容になっていて共感したり、へぇ~と感心したり、未知の世界を覗き見したりしつつ最近のエッセイの中では非常に楽しく読めました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)