わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

匿名者のためのスピカ/島本 理生【レビュー】

★★★

プロローグ~第一章~第三章~エピローグで構成された島本理生さんの長編小説

かつて自分を監禁した元恋人、高橋と逃避行を続ける女性、景織子(きょうこ)が中心に描かれています。

内容紹介に記載されている「著者が初めて挑む究極の恋愛サスペンス!」と言うほどには緊張感もなくさらっと読了しました。

息子を溺愛する景織子の母親、景織子の弟のまもる、花井純、月田、七澤(ななざわ)景織子の現恋人の笠井と一癖も二癖もある個性豊かな登場人物がストーリーを飽きさせずに展開して行きます。

>どうして正しいものと私が欲しいものはこんなにも違ってしまったのだろう。
この一文には景織子の心理が如実に表現されていました。

けれども強く共感したり感情移入出来る魅力的な人物が存在しなかったせいか今ひとつ夢中になれませんでした。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)