わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

Iの悲劇/米澤 穂信【レビュー】

★★★

「Iの悲劇」「軽い雨」「浅い池」「重い本」「黒い網」「深い沼」「白い仏」「Iの喜劇」
8話収録の連作短編集。

タイトルの「I」は出身地とは別の地方に移り住むIターン現象から取ったもの。

悲劇という言葉や内容紹介からホラーテイストで恐ろしい物語をイメージしていたけれど、実際はそここに溢れるご近所トラブルや人間関係を扱ったものでリアリティある作品だった。

それぞれの目的を持って移住して来るも次々と発生する問題により退去して行く人々。

そしてラストのオチ。

手のひらで転がされていた公務員の主人公・万願寺が気の毒で堪らない。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)