わたしは栞を挟まない|よつばの読書ブログ

クスノキの女神/東野 圭吾【レビュー】

★★★★

優しさに包まれるような物語だった。

クスノキに秘められた力以上に、人が人を想う愛情の深さに胸が一杯になる。

家計の足しにと詩集を売る女子高生の佑紀奈と、記憶障害のある少年・元哉。
二人が出逢った事で人生の歯車が動き出す。

クスノキの番人・玲斗の眼差しが温かい。
誰かの為に行動すること、誰かの為に祈ること、玲斗が身を持って教えてくれる。

ラストへ向かって哀しみが押し寄せて来たけれど、同時に温かな感情も込み上げた。

新月の夜の預念と満月の夜の受念。
未来より今。

クスノキの女神も微笑みながら、皆の今を優しく見守っているだろう。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)