わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

黒鳥の湖/宇佐美 まこと【レビュー】

★★★★

誰にでも秘密があり、心の奥底に昏い部分を潜ませている。
それは親子や夫婦の間でも同じで、近い関係だからこそ隠さねばならない部分でもある。

健全に育っていたはずの娘の突然の豹変、世間を騒がす女性拉致事件、自身が企んだにも関わらず正体不明の殺人犯、複数の要素が絡み合いながら物語は展開して行くが、徐々にパズルのピースが埋められ、ラストで綺麗に収まる。

自分の予想の上を行く悪意ある者達、正義・善意の言葉を盾にして歪んだ復讐を成し、承認欲求を満たす者、己の欲の為に悪を企だてる者、人間の愚かさが強烈に迫る。

悪の集大成作品。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)