わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

中島ハルコはまだ懲りてない!/林 真理子【レビュー】

★★★

「中島ハルコの恋愛相談室」に続く第二弾です。

今回は
「ハルコ、縁談を取り持つ」 「ハルコ、離婚に反対する」
「ハルコ、母親を慰める」 「ハルコ、梨園の妻を諭す」
「ハルコ、韓国人に檄を飛ばす」 「ハルコ、美魔女に出会う」
「ハルコ、相続について語る」 「ハルコ、不倫の謎を解く」
「ハルコ、五十女を脱がす」 「ハルコ、いづみの背中を押す」の短編10編が収録されています。

フィギュアを用いたカラフルでポップな装丁です。

この物語の主人公 中島ハルコ 53歳 会社経営者 生まれは名古屋で独身
趣味は宝石集め、好きな食べ物は河豚

今回も相手が誰であろうと言いたい放題の中島ハルコ節がさく裂でした。
コンビの菊池いづみの中々の言いたい放題ぶりも健在で読者に変わってハルコをたしなめている感じが痛快です。

各話ごとの登場人物が少なく、会話が中心となり展開するのでストーリーに感情移入しやすく、1話毎に解決して行くので読後感もスッキリします。

ハルコさん、友達になるにはちと大変そうだけど、憎めないキャラで人情味もあり今回も楽しませて頂きました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)