わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

魔家族/明野 照葉【レビュー】

★★★★

明野照葉さん 文庫書下ろし作品

プロローグから不穏な空気感満載で、遺影の女性は誰なのかが気になり、ドキドキしながら一気読みでした。

明野さんの作品は全て読んでいますが最近の著書は以前の物より平凡な作品になった印象を持っていました。
けれど本作はクセ&毒に加え、「魔」まで持った人物が登場し久々のイヤミスサスペンスを堪能出来ました。

主人公はOA機器を扱う会社で働く西原早季ですが、主役を上回る感の温子の存在が大きく、又早季が好きになった恭平と言う男もかなりの「魔」を感じる人物で恐ろしかった。

ラストに向かっての展開は思いも寄らない物で意外性もあり飽きずに読めました。
エロとイヤミスとサスペンスが合体した様な作品です。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)