わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

誰かのぬくもり/新津 きよみ【レビュー】

★★★

新津きよみさんの短編集

全8篇中、4篇は「アミの会」のアンソロジーに収録されていた作品で読了済みでした。
それらの作品と対になる様な形で新たに4篇が書き下ろしされています。

日常を切り取った描写が上手い著者ですが、本作も自分のすぐ近くで起こりえそうなエピソードでどの作品も引き込まれました。

印象に残ったのは、短編ならではのラストの切れ味鋭い「お守り」「誰かのぬくもり」「女の一生」

「アミの会」の作品を読まれていない方はこの1冊で新津ワールドに浸れると思います。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)