わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

しあわせしりとり/益田 ミリ【レビュー】

★★★★

益田ミリさんのエッセイ集。

装丁のイラストもしりとりなら、収録されている47篇のタイトルも全てしりとりで繋がって行く趣向が面白い。

今回の作品では何気ない日常で感じた事や、子供時代の想い出、亡くなられたお父さんの話、未来の事などが淡々とひっそりと語られている。

自分の経験と重なっている部分があり、時々ノスタルジックな思いに囚われた。

綿あめの話から子供時代、夏祭りで父に綿菓子を買って貰った事に想いが飛び、切ない気持ちになったり「父のいない父の日」ではもうなにもあげる事が出来ない寂しさに共感。

心に沁みる優しい作品集。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)