わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

虹にすわる/瀧羽 麻子【レビュー】

★★

瀧羽さんの最新長編は、職人気質の先輩・徳井と、芸術家肌の後輩・魚住、アラサー男子二人の物語。

幼い頃に両親を亡くし、おじいちゃんと二人で海沿いの田舎町で修理屋をしている徳井の元へ転がり込んで来た魚住。

性格も能力も正反対の二人が協力して小さな椅子工房を始める。

とても読みやすい文章でスラスラと読めるけれど、内容に目新しさがなく、感情を揺さぶられるシーンもないので全体に淡白な印象。

椅子を作り上げる工程の描写も殆どなく、恋愛要素もあるが中途半端で、大きな盛り上がりがない事で物足りなさを感じる。

あっさりとした読後感。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)