わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

猫のエルは/町田 康【レビュー】

★★★

「諧和会議」「猫とねずみのともぐらし」「ココア」「猫のエルは」「とりあえずこのままいこう」の5編収録。

町田さんの作品は過去何度も手に取る物のいつも途中で挫折。

さて今回は…。

1話目の「諧和会議」は日本語を話す動物達の会議の様子が描かれている。

議長は蛙の蛙真一郎、出席者は話の長い馬山五郎、かたつむりのマイマイツブリ、牛の乳牛山八郎、その他そうそうたる顔ぶれ。

ネーミングから言葉のチョイスまで非常にシュールで不覚にも時々噴いてしまった。

5編共、良く解らないが解らないのが正解の様な猫物語。

イラストもシュールで可愛い。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)