わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

私に似た人/貫井 徳郎【レビュー】

★★★★★

男性の作家さんの中でもかなりお気に入りの貫井さんの作品です。

小口テロと言う重いテーマなので難しいかと思いましたが、とても読みやすかったです。

10の短編で構成されていて10人の主人公が登場しますが、どの話にもすぐに引き込まれてしまいました。

いつもながら登場人物の心理描写は素晴らしいです。
各登場人物が絶えず脳内映像で動いていました。

独立した短編ではなく、それぞれに関連性があり伏線も隠されています。

そして「トベ」の正体が気になり一気に読まされます。
テロはもちろん決して認めてはいけない行為だと思うけれど、ある主人公の言葉
「他人の痛みが想像できない人を、私は絶対に認めません」は常日頃から私が感じている事なので共感出来る面もありました。

エンディングもスッキリ、読後感も良かったです。
最近読んだ本の中では一番のヒットでタイトルも好きです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)