わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

フェイバリット・ワン/林 真理子【レビュー】

★★★

国内の弱小ブランドで働く駆け出しのファッションデザイナー、夏帆23歳がこの物語の主人公です。

様々とな男性と関わる中で、時に利用したり本気で好きになったりを繰り返しつつ、仕事も挫折と成功を繰り返しながら進んで行きます。

主人公が素直で正直な面、色々な場面で悩み葛藤する部分は共感出来ますが自己中心的な行動や友達を利用する場面ではうんざりさせられます。

そしてやはりラストはありがちな結末ですが。

因果応報、と言ったラストに納得

主人公には共感出来なくても、感情を揺さぶられ面白く読了しました。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)