わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

こころのつづき/森 浩美【レビュー】

★★★★

1、ひかりのひみつ  2、シッポの娘 3、迷い桜 4、小さな傷

5、Fの壁 6、押し入れ少年 7、ダンナの腹具合 8、お日さまに休息を

の8つの短編が収録されています。

自分の身近にいそうな、日常を懸命に生きている人達の物語です。

森さんの小説には大きな事件や殺人など一切出て来ませんが読後感は心に残り余韻に浸れ温かい気持ちになれます。

森さんの「家族シリーズ」もお奨めですが、この短編集もとても良かったです。

ネットや新聞で人の嫌な面を見て落ち込む事もありますがこの小説を読むと、人間の優しさに触れる事が出来てホッとさせられます。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)