わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

岩窟姫/近藤 史恵【レビュー】

★★★★★

最近読んだ近藤史恵さんの「私の命はあなたの命より軽い」が良かったので今回も手に取りました。

全7章で構成された長編ですが久々の一気読み

「事実」が知りたくてページを捲る手が止まらなくなりました。

まずそのタイトルに心を惹かれ普段聞きなれない言葉「岩窟」ガンクツの意味を調べてみました。
岩窟=岩の洞穴。岩屋。
終盤で出て来る「岩窟姫」の言葉に納得しました。

同じ芸能事務所に所属していた沙霧と蓮美

沙霧(さぎり)は謎の自殺をしてしまいます。
沙霧のブログにはこの物語の主人公である蓮美(れみ)のいじめが原因で死ぬと残されていました。

序盤から蓮美の苦悩に共感して早く事実が公になれば良いと祈る様にページを捲りました。

蓮美、友人のチホ、事務所のマネージャー星野、菊池、青木社長、蓮美の助けとなる斎木等、全ての登場人物のキャラ設定がしっかりとしていてストーリー展開もテンポ良く流れ絶えず脳内映像でそれぞれの人物が動いていました。

最後の最後までドキドキする展開で読後感も良く夢中で読み終わりました。
面白かったです。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)