わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

ぎょらん/町田 そのこ【レビュー】

★★★★★

デビュー作『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』に続く二作目。

「ぎょらん」「夜明けのはて」「冬越しのさくら」
「糸を渡す」「あおい落葉 」「珠の向こう側」
表題作を含む6編収録の連作短編集。

デビュー作に負けず劣らずクオリティーの高い1冊だった。

人が死ぬ瞬間に遺す、小さな赤い珠「ぎょらん」
このぎょらんの正体は?

遺された者達の願望の表れなのか、はたまた罪悪感が生み出した物なのか。

ホラーでもファンタジーでもなく、人間の死生観を深く抉った人間愛溢れる作品だった。

今後、誰かのその時に立ち会うたび、きっとこの本の事を思い出す。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)