わたしは栞を挟まない|四つ葉の読書ブログ

悲願花/下村 敦史【レビュー】

★★★

両親の起こした火事でひとり生き残った幸子。
子供たちを乗せた車で海に飛び込み、生き残ってしまったシングルマザーの雪絵。

その二人が運命的に出逢った事に寄って物語は展開して行く。

終始陰鬱な空気感に溢れている。

借金苦、一家心中、育児ノイローゼ、家族の断絶、SNSを利用しての復讐

幸子の壮絶な人生に同情はするし、どこにも持って行き場のない恨みを復讐と言う形で表現する事で、自身の内に潜む澱を発散させたい気持ちも解らなくもない。

しかしそれを実現させても満足感は得られない。

全ての真実が明らかになった時、後悔はより深くなる。




  • 人気のレビュー
  • 関連するレビュー

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)